日々の散財記録が中心の日記(多分)

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前日23:00頃
 結構早く寝たのにこんな中途半端な時間に起きる俺は相も変わらずお子ちゃまです。
 このまま寝ると待ち合わせ時間に起きれるかわからなくなったので、そのまま淡路に向けて出発。


 AM3:00頃、淡路ハイウェイオアシス到着。夜景を撮ったり。
 そして差中泊。

6:30頃
P1030294.jpg
 一緒に回るtakchin君到着。そして出発。
 当初の予定どおり、時計回り。
 洲本・由良港までの超平坦路をすすむ。

P1030296.jpg
 かつてのB級スポットだった世界平和大観音をみる。
 以前は観音像の首にある展望台に登れたらしいが現在は施設そのものが閉鎖。

 …とこんな感じで所々写真撮影でもしながら気楽にポタリングな感じならあんまり問題なかったのですが、takchin君の巡航速度が俺にとっては速すぎる。そして彼は休憩も必要ないらしい。とにかく彼を風よけにしながら何とかついて行く。

 そして由良を超えて始まる坂道区間
IMG_0094.jpg
 この看板からナゾパラまでずっと坂・坂・坂
 「足を着かない」ってことを目標にインナーローでゆるゆると登っていく。クリート様々です。

P1030298.jpg
 ナソパラ入り口到着。もう少し行ったところにドライブイン立川があります。
 今回はナゾパラ見学してません。なんか崖の下まで降りないと行けなさそうだったので(^^;

 ここからは緩い登り。その後は中津川組に抜ける下り道となり海岸線に出ます。
 この海岸線、灘までまたも平坦路。一部コンクリート舗装だけどまぁなんとかなる。

 で、灘から阿万、阿万吹上から福良あたりが結構な坂。そこを越えて道の駅うずしおまでも結構な坂でした。

P1030300.jpg
 で、道の駅うずしお。もうちょっと降りた場所にも展望台あり

P1030301.jpg P1030302.jpg
 ここで昼食。私はたこ天丼。takchin君は大名にゅうめん。
 皿でかすぎです。
 ここで昼食込みで1時間ほど休憩。

 あとは西海岸線ですが…結構疲れてたのと道が超フラットすぎてあまり印象に残ってねぇw
 あ、KHS F-20RAに乗ってたおじさんがtakchin君をぶち抜いてくれたようで。いやいや、ありがとうございます。

IMG_0097.jpg IMG_0098.jpg
 北淡震災記念公園とか寄ってみる。
 入館料700円だったため内部見学はせず。

IMG_0099.jpg
 最後の寄り道は道の駅あわじ。
 出迎え看板に顔文字とクマーがいて笑いを誘う。
 ついでにスピーカーからはマクロスプラスが流れてくる。どうもCMようこのようだった。
 大丈夫か?この道の駅。

IMG_0100.jpg
 道の駅から明石海峡大橋を臨む。
 

リザルト
平均速度 26.5km/h
ケイデンス76
走行距離165km
走行時間は6時間ちょい

 で一周走ってみて
 平坦部分が長いので結構走りやすい。南側の坂道も距離的には短い感じがするので5~60km走れる人なら大丈夫…かな? 自分のペースで適度に休憩をとれば1日1周は達成できるかと思います。
スポンサーサイト
awaji01.jpg
長ぇ…


 とりあえず淡路島1周を考えてみる。
 自転車での1周レポートは、それこそネット上に山のように転がっているため軽く考えてしまいがち。小豆島1周を計画した時に他人のレポートは当てにならないというのを学習してますので一応自分なりの計画は考えておこうと思います。

 とりあえず1周するだけなら約150km。道沿いにない寄り道ポイントとしてはナゾのパラダイスとか道の駅うずしおってところですかね。その辺を加味すると+5~6km程度か。
 スタートを道の駅あわじor岩屋港としてそこから時計回り。洲本・由良あたりまでは問題なさそうですが、そこから立川水仙郷の辺りとかとにかく淡路島南端部分は地形データを見るだけでうんざりしてきてる自分がいます。多分大鳴門橋付近までは気が抜けない、というか心が折れる可能性大。島の西側はかなり緩やかな道のようなので、南端通過時にどれだけ体力が残っているかが勝負だろうなぁ… 最悪南淡から岩屋港まで公共交通機関のお世話になることを考えておきましょう。

 後は補給関係。今回はもうちょっとまともな朝食を摂って、携帯食も何個か準備いるだろうなぁ。水分は自販機で大丈夫そう。疲れたらMAXコーヒーで頑張る。

 パンク修理キットも持っていった方が良いんだろうな。

 こんな感じか。
 来週土曜日は福山某に行く予定なので、今週末もしくは5連休あたりで。
 さて、大丈夫かねぇ…。
 昨日いつもの運動中にフロントタイヤがまたパンク。
 さすがにチューブ交換したばかりでこの状況はおかしいのでもう一度ショップに持ち込む。

 あー、この前はわからなかったのですがサイド、リムとの接触部分が裂けてることが判明。
 どうもこの部分でリムとチューブがかんで穴が空いていた感じでした。

 ということで、今までのPOWERTOOLS 20*1.35を廃棄。
 今回はシュワルベ DURANO 20*1.10にしました…というかこれしか在庫がなかったw
 もうついでなので前後とも交換です。

 ちょっろっと走ってみましたが、全般的に軽い。本当に良く転がる感じ。これは十分満足だわ。


 さて、タイヤとしては更に細くなったので、段差・排水口蓋・グルービングには余計に気を遣うことになりそうです。まぁこれはしょうがないことですけどね。
 先週土曜日、小豆島に行って来ました。
 今回は2ヶ月前に挫折した寒霞渓再チャレンジではなく、外周1周チャレンジです。

 計画は前回エントリーにアップした地図通りの行程。
 外周1周で約110kmぐらいで平地ならほとんど問題ない距離なのですが、webで色々調べるとそんな甘いお話にはなっていないようで… まぁあまり考えすぎてもしょうがないので、粛々と行動開始。

3:30頃
 イベントがある日はぐっすり眠れないこの体質。しょうがないので天気チェックしていると、雨雲レーダーで九州大雨、その雨雲が東に移動中って… 相も変わらずネタには困りません。出発時間の5:00頃にもう一度確認したけど状況変わらず。今回も同行のtakchin君と相談し「まぁ何とかなるでしょ」の一言で決行することに。

5:30頃
 新岡山港に向けて出発。東方面は見事な朝焼けで西方面は一面厚い雲。先行き不安。
 新岡山港で朝食代わりにカロリーメイト2本+ドリンク。この時2人とも「昼まで持ちゃええやろ」とか「途中の補給をちゃんとすれば大丈夫」とか考えていた。超間違いだったわけですがw

7:30頃
 土庄港着。海峡渡って時計回りで外周1周スタート。
 漕ぎ出して数キロ、早速「平地少ねー!」と不満たらたらな俺がいた。いや集落があるところは平坦なんだけど、そこ以外アップダウンしかない。それでも今回は頑張って登る。まぁtakchin君はひょいひょい登っていったんですけどね。2ヶ月前と状況が変わってねー orz

 そんな感じで北側海岸線を抜けて東側海岸線へ。なんというかHRのAv.は普通に160を超えてるし異常に汗は出てるしでなんか調子悪くなってきた。水分なんてここまでで2リットルぐらい補給しているはずなのに全然足りてない感じ。さらに東側海岸線の最大の罠は橘峠以降補給ポイントが見あたらなかったこと。南端の大角鼻灯台付近では完全にグロッキーでフラフラ状態。ここから坂手港まではほぼ下りだったのですが、ほとんど足を動かすことができなかった。貧弱すぎる。

 坂手港付近でようやく自販機発見。とりあえずカロリー高そうな物をってことでMAXコーヒー選択。
 …いやすげーよMAXコーヒー! 1本飲み終わるころには意識がはっきりして普通に動けるようになってました。単純に糖分不足だったのか水分不足だったのか判断つきませんが「疲労回復にMAXコーヒー!」という新たな俺ルールが設定された瞬間だった。

11:00頃
 まぁコーヒーだけでは腹が持たない。確か小豆島にはアナゴ1匹をまるまる使った穴子丼を出す店があったよなーと検索してみると、ちょうど坂手港にある大阪屋だった。
 ということでちょっと早い昼食。11:00開店だったが結構人が並んでいた。目当ての穴子丼はお盆期間中でアナゴが手に入らないとのことで休眠中のシールがメニューに貼られていた… 相も変わらずこういった自虐ネタに困らないな、俺は。
 しょうがないのでチキンカツ定食にしておく。普通の味、普通に完食。ごちそうさまでした。

11:30頃
 坂手港出発。その後はマルキン資料館で醤油アイス査収とか、二十四の瞳映画村で入り口拝んできただけとか(往復10kmほど稼げます)、唯一の長い平坦路内海~オリーブ園あたりとか。そしてオリーブ園を過ぎたところでショートカットして土庄方面に向かうか、南に下るかを選択。足には厳しそうだったが、せっかくなので外周1周チャレンジ継続、南方面へ向かうことにする。

 このルート、東側はまだ普通かなと思ってましたが地蔵崎燈台前に一つきつい坂、そして燈台を越え富士峠あたりの坂が鬼門、心が折れる手前だった。何とかクリアして小豆島ふるさと村へ。

多分2:00前後
 小豆島ふるさと村にてちょっと長い休憩。とりあえず水分補給もしたがこの時点で4リットル以上(ほとんどはスポーツドリンク系)飲んでるぞ、俺。全然ダイエットになっていない気がしないでもないが、採らないと死にそうなのでしょうがないところである。15分ほど休んで再度出発。

 そして最後の土庄1周。takchin君が「ちょっと先に行きますわ」と言いつつダッシュかましたので、こっちも少し頑張ってみる。そしてあっさりと登りであっさり引き離される。泣きそう… あと土庄港前の最後の坂が最後の最後で斜度が変わるとか、最後までいじめられた行程。
 とりあえず平均時速20km/h少し越えたあたり、走行時間5時間ちょいで小豆島1周をクリアしました。
 ホントに「とりあえず」だったよ… もう少し余裕をもった走りでクリアしないと次のステージには進めそうにないなぁ。


そして最後のネタ
 最後の坂を下っている途中、フロントダイヤからかすかに「シュー」という音が聞こえていたような気がしたが、走行に支障がなかったため無視。ゴール後、土庄港で休憩中にふと気づくとフロントタイヤが凹んでました。 orz
 2人ともパンク修理キットに携帯ポンプを持ってきていなかったため、新岡山港に到着後takchin君に車で迎えに来てもらって、その足でお盆も営業していた某ショップへ。普通にパンク修理をお願いするだけでいいのに…

 ・チューブ交換(まぁしょうがない

 ・ペダル交換(え?
 ・シューズ購入(えー?
 ・ブレーキワイヤー交換(え?

 ・バーテープ交換(上記作業があったのでしょうがない


 あれ? 財布から2諭吉ほど飛んでいったよ… あれー?
 たとえば雨で濡れたアスファルト…
 たとえば砂の浮いた土のグラウンド…

 おもむろに自転車をトップスピードに持っていき、リアブレーキで後輪をロックさせ滑らせて遊んだりしたじゃないですか。逆ハン切って立て直したり、どれだけ滑らせれるか距離を競ったり… 男の子だったら一度は通る道だよね。


 いやね、ちょっと童心にかえってそんな遊びをしてみたくなったんですよ。(<-この辺から少し嘘が紛れています)

 下り坂でちょっとスピード出てるからリアをフルブレーキング。
 滑り出すリアタイヤ。
 さぁ、小学生のころを思い出して体勢を立て直すんだ-




 …立て直せませんでした(ぉ

 では、結局どうなったでしょうか?


                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ
 ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |       ま た 落 車        │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ


 今回はちょっと病院へ
 レントゲンの結果、骨には異常なかったのですが右ひざ内側じん帯損傷とか。

医者「あー内側でよかったですねー。外側だったら最悪手術ですよー」
おれ「はぁ…」

医者「ちょっと溜まってる血を抜いておきましょう」
おもむろに膝に注射針刺しこんで血を抜き始める…
医者「あ、血の色薄いですねー。これなら大丈夫」
医者「もっと症状が悪かったら本当に血の色が濃いからー」
おれ「はぁ…」


 ってことで膝が曲がりませんw
 ギブスは泣いて頼んでやめてもらいました。
 包帯でがっちがちのテーピング。

 外傷も多数あるので風呂に入れず体拭くだけなのが厳しい。
 トイレが洋式でないと無理(今住んでるところは和式ww
 …そして運動できないのでリバウンドが怖すぎる orz

 まぁ、でも、ゆっくりするしかないのでゆっくりします。


 そして、転んでもぜんぜん壊れないCS3400はなんなんだw
 まぁ滑っただけなら自転車は壊れにくいけどさ!

 なんつーか「悪魔のZ」って呼んでいいですかね、うちのCS3400。
 (↑自分の操作ミスを棚に上げてます orz)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。