日々の散財記録が中心の日記(多分)

2005/01 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2005/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DAY2 07:00頃
 師匠宅を出発。風呂代わりにいつもの温泉入って石鎚スカイラインを目指す。
P1020343_edited-1.jpg

 ルートはR33から県道212経由。雨がパラパラと言った状態で途中の三坂峠は濃霧。ただ今回のルートだとスカイラインまでの道はキチンと整備されているため晴れた日なら気分が良かったのではないだろうか。
 あと、燃料が少ないようなら松山市内で入れておくことをオススメする。一応スカイラインまでに2~3箇所ほど空いていたが三坂峠区間が長いので気分的に焦ってきます。

 で、石鎚スカイライン。時間は09:00頃だったと思いますが、前走車なし・対向車ほとんどなしという好条件で快走できました。入口から一気に登り始め、ターマックラリー山岳ステージ気分が存分に味わえます。ただ気分だけにしないと崖側に落ちたら死ぬぞ。やっぱり雨が降ってなければ…と思ってしまう道だった。Naoaki.氏がリベンジ予定なので今度は助手席で堪能しよう。
P1020348_edited-1.jpg

 土小屋で一休み&土産購入して、反対側県道R40へ突入。
 …えーとR194に抜けるまでに対向車5台だったかな。いや、ホントに助かりました。路肩は所々崩壊気味、離合不能区間は長い、ついでに大雨と神経すりつぶしてくれました。

 なんか体力限界近く、R194を北上し県道17号を覗き見た瞬間体が拒否してました(^^;
 そのまま道の駅木の香で昼食休憩をとり、寒風山トンネルを越えて伊予西条ICからさっさと帰宅してしまいました。

 と言うことで2日目は1エントリーで終了です。あははー(^^;
 写真はNaoaki.氏撮影分が手に入ったら、また紹介します。
スポンサーサイト
 突然ですが師匠の愛車紹介。ついでにかなーり意味不明文なのでわからなかったら読み飛ばした方が良いです。

P1020338_edited-1.jpgP1020339_edited-1.jpgP1020340_edited-1.jpg

 スプリンタートレノ(AE111)です。私も数年前はレビン(AE111)だったりしました。ステッカーデザインは発売当時(主に私が)激ハマったサンダーフォースVから。音楽と演出は手持ちのSSソフトの中でトップクラスと思っています。今でもEDのガーディアンの語り(LAST LETTER)で泣けるぞ、多分。でもゲーム性はフリーウェイ命なバランスなので賛否両論だw

 ついでに、このゲームのせいで今までスルーしていたジャンルに手を出すことにもなった問題作でもある。
 1 ガンオタ友人が「0083を見ないとネタがわからないぞ」とビデオを貸してくれた->ハマり
 2 ガンオタ友人が「センチネルを見ないと(ry」と本を貸してくれた->激ハマり
 3 九十九氏のせいでライアーソフト(行殺新撰組)に手を出す始末->さらにダメ人間化

 ボンネットはTHUNDER FORCE 222部隊を表すロゴ。側面はOPに出てくる設定用語の数々とRVR-02 VAMBRACEの文字。写真は無いですがリアは自機に搭載されているコンピュータ名称Reffiのロゴ。
私がレビンのままだったらRVR-01Ex GAUNTRETで貼りたかったのですが、RX-8を購入したため新車に貼るのも何だかなぁと言った理由で躊躇。そうしたら、あれよあれよという間に彼はステを発注し仕上げてしまいました。
 こっちも購入から3年以上たったし、Reffiロゴぐらいは貼ってもいいかなぁと考え中。STIKA、欲しいよねぇ… それにロゴを作るのだったらKHS F20-RにもRVR-01Hisを貼らないとなぁ。車体がレッドだし(ぉ
 佐田岬灯台を出発。県道255号→R197で八幡浜市街を抜けて松山自動車道大洲ICへ。
 んー時間が悪かった(17:00頃)のかもしれませんが市街地~大洲道路入口までが激混み。ついでに制限速度-10km/hな車に目の前をブロックされた日には、もう…。
さらに松山自動車道も少し混んでるし…。事前にすめらぎ師匠も言っていたが夕やけこやけライン(R378)とさほど変わらない感じがした。ホントに晴れてさえいればこっちを使ったんですけどねぇ。

 ついでに、佐田岬半島の大半はWillcom使用不可(と思う)。八幡浜市街に近づいてようやく電波が復活しました。Naoaki.氏も私もWillcomユーザーのため連絡手段がないという状態になっていました(^^;

DAY1 18:00頃
 すめらぎ師匠宅前に到着。師匠の別件用務が長引いていたが約1時間後に無事合流。そのまま本日2度目の豪遊へ出発。

 本日の場所は師匠が以前から目をつけていた居酒屋 釣

 この居酒屋、基本的に大将のお任せコースしかない(のか?)。まぁ予算的な話を最初にしてもシラけるので今回はもうお任せです。どんどん持ってこーい!

P1020318_edited-1.jpgP1020319_edited-1.jpg

P1020321_edited-1.jpgP1020322_edited-1.jpg

 …えぇ、本日2度目の刺身、ウニ、その他諸々に最後に鯛ソーメンで締め。ホントに美味しかったのでついつい口に運んでしまいました。
満足と言うより食い過ぎに近い。ダイエット中は腹八分目とか言いますが旅先でそんなこと言ってたらストレス溜まりますし、なによりこの料理たちに失礼だねw
 ということで写真以外の料理もしっかり食って飲んで、一人当たり8k円でしたとさ。ご馳走様でした。

 釣の後、酒独楽に行こうと思っていたのですが、残念ながら私の体力が続かなかった。くそぅ、次こそは(TT△TT)

 さて、今回はビジネスホテル(旅館でさえ)が全滅だったため、無理言って師匠宅に泊めさせてもらいました。
 というより松山に来るなよ>東京ツバメ
 お前らのせいで宿もないし、傘もさすから雨が降るんだよ!!

…と言いがかりをつけるテスト(ぉ。

 ついでに、師匠宅でもうちょっと飲みました。
P1020331_edited-1.jpg
 これ香りと味のギャップが…。飲める、飲めるんだけど違和感の方がなんとも。
 んー、また購入して送って下さい>師匠(えー?

と言うことで1日目終了。
DAY1 12:00頃
 まりーな亭にて2人とも佐田岬定食(\3,500)を注文。まぁ何というか昼から豪勢にいっちゃいました。最初のじゃこ天・じゃこコロッケ(←写真取り忘れ)から始まって、刺身・さざえ・エビで締め。刺身が後から出てきた以外は十分満足。量も十分でした。
P1020291_edited-1.jpgP1020292_edited-1.jpgP1020294_edited-1.jpg

DAY1 13:00頃
 佐田岬灯台に向かって出発。灯台に向かう途中でとうとう雨が…。
 県道255号は特別狭いと言うほどでもなく普通に走れます。途中、一部区間は農免道に案内されますので素直に従った方が良いかもね。寄り道は三崎漁師物語り。ここでの飲食は高いと思っていたけど、土産を買うのも高いぞ。まぁ買ったけどさ…

 寄り道はほどほどにして灯台を目指す。程なく県道255号の終点に到着。灯台の駐車場は現在封鎖されており、県道に路駐するか200円払って木造廃屋の弾磨き鍛造所跡地前に駐車するようになります(管理者らしきおじいさんが案内してくれます)。
 そこからは遊歩道で灯台まで。まぁ雨が降っていたけどせっかくここまで来たんだしって感じです。
 ほぼ中間ポイントのキャンプ場(発電施設と司令部跡らしい)を越えて椿山へ。豊予要塞の遺跡としてわかりやすい探照灯施設(ようはサーチライト)跡があります。右の写真の巨大な壕に探照灯を入れていたみたい。要塞時代は椿山を1周する遊歩道にレールがあり、探照灯を移動させてたそうな。
P1020303_edited-1.jpgP1020304_edited-1.jpg


佐田岬灯台
P1020306_edited-1.jpgP1020310_edited-1.jpg
 ようやく四国最西端部に到着。いやー雨が… 風が…

灯台直下のトーチカ跡
P1020315_edited-1.jpg
 ここにも要塞の遺跡がありました。

 養殖場から大島方面にも行けるみたいなのですが、養殖場入り口が閉鎖されていたため行けませんでした(まぁ波も高かったしね…)。

 で、適当にうろうろして駐車場まで戻りました。ここで管理人のおじいさんに要塞のことを聞いてみると、どうも親か祖父かが軍の御用商人だったらしい。「今度来たら案内してあげるよ」と言われましたが、いつになる事やら(^^;
 まぁ、来るにしても今度は要塞について下調べしてからだろうなぁ。
DAY1 06:00
 岡山市内某所出発。天気は曇りといったところ。途中で給油と朝食を査収し児島ICへ。

 07:00頃、児島IC到着。ETC車載器にカードを挿入しゲートをビビりながら通過。つーかかなりゲートに近づかないと反応してくれない気がするのですが。ゲート通過最高速チャレンジなんて出来そうもないや。
 高速は順調そのもの。途中、いよ西条ICで一度入り直し伊予ICへ。ETCカード2枚使用で楽々通勤割50%引きでした。いやー安いね。

 そして夕やけこやけライン(R378)を快走。道路もよく整備されていて交通量も少ない海岸線の道路、途中所々日が差しましたが快晴だったらもっと気持ちいいドライブだったでしょうねぇ…。途中の寄り道は道の駅ふたみと長浜大橋。
 道の駅ふたみは、9:00過ぎ到着でちょうど店が開いているところでした。砂浜が整備されていて夕焼けを見るなら良い場所かな。

長浜大橋
DSC_3453_edited-1.jpgDSC_3459_edited-1.jpg
 長浜大橋はR378をちょっと外れて商店街を抜けたところにあった。橋の東側が少し広くなっているのでそこに路駐(^^; 何枚か写真を撮って長浜大橋を渡ってR378に再度合流しました。橋の西側は狭くて路駐スペースはほとんど無いんですが何台か路駐は居ましたねぇ。
 後は、やっぱり橋が跳ね上がってる状態を撮りたかったかなぁ。

メロディーライン
P1020283_edited-1.jpg
 そしてR378から佐田岬メロディーラインへ接続。天気はどんより気味です。なんだか順調すぎて予定より1時間以上速いペースで進んでいます。
 寄り道は道の駅伊方きらら館、隣接して伊方原子力発電所ビジターズハウスもあります。駐車場について車から降りたら、風は強いし曇ってるしでメチャ寒い。外の売店で揚げたてのじゃこ天を1枚査収した後は逃げるようにきらら館内へ。
 1F物販をちょっと見て屋上展望台へ。つーかここも寒い。適当に写真を撮ってさっさと館内へ避難。下に下りたら室内展望室もあった orz
展望台から伊方原発を望む
P1020280_edited-1.jpg

 昼までかなり時間があるので、伊方原子力発電所ビジターズハウスも見学。子供向けアトラクション少々、後は伊方原子力発電所に関する資料の展示。時間つぶしと思っていたけど結構良かった。ただこの日は団体客が多いとのことでハイビジョン立体映像の3Dシアター映像は見れなかった。残念。
ビジターズハウスにはらたいら氏の色紙が…
P1020285_edited-1.jpg


せと風の丘パーク
DSC_3482_edited-1.jpg
 もう一つの寄り道、せと風の丘パーク。R197からは4~5kmほど外れます(案内看板有り)。11基の風車を一望でき、周りの展望もいい…のですが、やっぱり晴れたときに来たかったですね。
風車は結構でかい
DSC_3485_edited-1.jpg
 この日は何故かパーク駐車場の上に整備されている展望台への道が解放されてました。通常は入れないと思いますけどね。

 と寄り道しつつ三崎港付近に到着するとちょうど12:00頃。予定どおりまりーな亭にて昼食です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。