日々の散財記録が中心の日記(多分)

2017/04 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 また四半期ほど放置気味でした。
 twitterのつぶやきだけでなにか更新した気分になるのが良くないですね。

 とりあえずの近況
 仕事方面はまだまだ炎上中。来年度も継続なので連泊するような旅行はちょっと無理な状況です。GWぐらいはなんとか…

 生活環境は職場の近くに部屋を借りて3月に引っ越し完了。6畳一間(他共同)の圧迫された環境から2DKの広々環境へ。6畳和室、4.5畳洋室、8畳ぐらいのDKという構成だったので、6畳和室が寝室兼オーディオルーム、DKにAV環境等生活空間、4.5畳はほぼ物置状態となりました。
 しかし、6畳一間から2DKへ引っ越した割には各部屋閑散としていないのはどういうことだろうと思う日々。


 さて、今年最初のIYH報告です。

・audio-gd Master-5
 中華なプリアンプ&ヘッドホンアンプ。
 LCD-2をバランス接続で楽しみたいということで、同社のヘッドホンアンプ Phoenixのぬるっとしたクリアー感のある音が好みだったので購入しました。実際聞いてみるとPhoenixほど音に色づけしてなく、素直な感じがあります。これはこれで前段・後段で如何様にも調節できると考えればプリアンプとしては問題ない。ヘッドホンアンプとしてもLCD-2をバランス接続で聞く限り、Phoenixとは好みの問題と考えればいいと思う。3pin LR XLR、4pin XLRのバランス接続及びシングル接続に対応しているので手持ちのヘッドフォン資産が生かせるのも良い。ただシングル接続だと個人的に少しつまらない音かな。

・CLASSE CA-2100
 Made in Canadaなパワーアンプ。
 長年1bitアンプのSM-SX1を使用していましたが、ドンシャリとは言わないがもう少し低音域にパワー感が欲しいと思っていました。先日大阪ASCにてCA-2100とは違いますがCLASSE+PM1でいい感じの音が鳴っていたのと、中古の巡り合わせがあったので購入決断。
 音についてはSM-SX1の時はロジウムプラグのRCA接続、CA-2100では金メッキXLR接続でさらにケーブル種類が違っているので単純な比較は難しい。CA-2100のほうがボーカルが前に出てくる感じと中低域のパワー感や少しぼやけ気味だった部分が改善されたように感じてる。高音域は若干退いた感じだけど出ていない訳ではない。ロジウムの傾向がなくなったのも原因かな?
 全体的には押し出し感が強くなり、聴いてて楽しい音になってます。

・PS Audio Perfectwave DAC mk2
 略してPWD mk2。
 元々のPWDデジタル処理部分のボードを全部取っ替えるという荒技を持って、USBの192k/24bit対応やNativeXモード(内部でリクロックするモードらしい)等を追加するアップグレードkit。
 ノーマルUSB接続がかなり残念な音でしたが、今回のUSB接続は使えるレベルにまで仕上げてきてました。普通ならこれで良いのですが、PWTとのI2S接続やDDC経由のCoaxと比べれば分離が甘いとか奥行き感皆無とかアラも目立つ。この辺はもう少し研究しないといけない。
 あと新規追加のNativeXモードがかなり良い。今の環境ではこのモード1本で全部聴いている状態です。音の分離等は良くなるけど全体的に音が薄くそして軽くなるアップサンプリングとは違い、44.1kで聴いている音をそのまま磨きをかけた、そんな印象です。
 とりあえず現行PWDユーザーはアップグレードして損はない。今後もこんな感じでアップグレードしてくれるなら十分使いつぶせるDACになりそうです。

ということで現在の機器構成
現在の機器構成


引退気味の機器類
・CD PHILIPS LHH-1000
・AMP SHARP SM-SX1
・SP DYNAUDIO Audience52SE

 …なんか普通にサブシステムが組めるような(^^;
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reffi.blog2.fc2.com/tb.php/1135-6b176284
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。